レディー

コールセンターシステム導入で業務効率アップ|時代に合わせて活用

高いスキルや能力が必要

オペレーター

複雑化多様化する現場

コールセンターのシステムは、年々複雑になっています。そのため、コールセンターで行っている顧客への問い合わせは、多様化しています。IVRなどの自動音声システムで区分している場合もありますが、受付は同じ部署で行っている事も少なくありません。そうなると、チーム分けして効率よく受付をすることになりますが、バランスよく入ることはありません。ですので、複数のスキルを要するなどオペレーターの覚える内容も複雑化しているのです。この入電状況を一元的管理することで、効率よく入電を捌くことができるようになります。そのため、マッピングの機能や、待ち時間の情報など様々な情報をリアルタイムで管理することがコールセンターのマネジメントなのです。

チャットで情報伝達

コールセンターのシステムは、チャットも活用しています。なぜなら、オペレーターは基本的に電話対応をしているので、言葉で話しかけることは難しくなっているからです。このことから、コミュニケーションをリアルタイムで行うには、言葉ではなく文字を利用することが効果的なのです。チャットは、リアルタイムでオペレーターとコミュニケーションをとるには最適のツールとなっています。もちろん電話応対しながらチャットを確認する能力は最低限必要になりますが、指示事項や周知事項などを的確に配信することができるのです。このシステムは、既読や確認済みなどのフラグを立てることができるため、活用しやすくなっています。また、シフト勤務しているセンターでも活用することができます。

商品発表の場です

女の人

企業では新商品の発表を行う際に、展示会を開催するケースが多々あります。展示会で非常に重要なのが、商品を実際に展示するブースです。魅力的なブースを作り上げるためには、ブースの施工を専門的に行っている施工業者に依頼しましょう。

Read More

社内業務の円滑化を考える

通話

社内業務が忙しい時に電話対応で業務が中断されないようにするために、電話代行を利用するのもいいでしょう。また代行を利用することには、社員への電話対応に関する研修の時間や費用の手間を省くことにも繋がります。

Read More

最大限に活かすために

展示会会場

展示会を成功させるコツは、誰に見てもらいたいのかを明確にすることですから、のぼりやパンフレットに書いておきましょう。場所や開催するタイミングが大切ですが、初めてなら専門の業者に相談しておくとアドバイスがもらえます。

Read More